宇垣美里アナ(26)可愛い顔して肉食系ビッチな女子アナがエロいww【エロ画像】

ランダム広告_記事上部
fam_108 コンテンツ風レクタングル【2列×3段表示】
fam広告 上部用

ge001

さて、こうした面接がエスカレートした結果、フジは先のとおりカトパンにポーズを要求したものの、さすがに人事部は「訴えられるかも」と、危惧したという。
「カトパンの面接が行われた07年頃からコンプライアンス意識の高まりを受けて、在京キー局を皮切りに“自発的な色香”を求める面接が主流となったんです」(A氏)
自発的な色香とは何とも聞きなれない言葉だが、A氏によれば「一見、普通の質問を投げかけつつ、女子アナ志願者から自発的にエロい反応を求める面接」とのことで、「セクハラで訴えられるリスクなしに、セクシーな反応を引き出すことができる」という画期的な面接方式なのだという。
2000年代後半から現在まで続いている自発的セクシーの潮流について、先とは別のテレビ局関係者B氏が解説する。
「確かに近年、女子アナ志望者側からのセクシーアピールが目立つようになりましたね。多くの局の入社面接で『あなたのキメ顔を作ってみてください』という要求がされているんですが、今や伝説となっているのは、14年にTBSに入社した宇垣美里アナ(26)。この要求に彼女はGカップのロケット乳をグッと寄せ、『面接官の股間に雷が落ちた』と語り継がれるほどセクシーな“イキ顔”を披露したというんです」
宇垣アナが入社面接で見せた“伝説的イキ顔”は他の女子アナ志願者たちにも大きな影響を与えたという。

続きを読む 

Copyright c 2016 ちょっとエッチなニュース速報 All Rights Reserved.

モコム広告
fam広告 下部用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする