6

変態な私のエロ体験談 

中学生の頃、クラスにエロい男子が居た。

 
ある日、その男子がいきなり教壇に上がってズボンを下げてオチンチンを見せた。
 
男子は大笑いし、女子はキャーキャーと騒いでいた。
 
そのとき私はドキドキしながらその男子のオチンチンを見ていた。
 
その頃からオチンチンに興味が出てきて、クラスで人気だった男子の股間を見ては、(どんなオチンチンなんだろう?)と想像してしまってた。
 
中学3年の頃に私はオナニーを覚えた。

好きな男子にエッチなことをされるのを想像しながら・・・。
 
それはいつもレイプっぽい感じで、クリちゃんを刺激するだけのオナニーだった。
 
高校生になって男子数名に弄ばれるのを妄想にながらオナニーした。
 
その頃には指をオマンコに入れてオナニーしてた。
 
気持ちよくなるけど、イクっていうのは判らなかった。
 
まだ処女だった・・・。
 
高2の頃、スカート捲りが男子の中で流行ってた。
 
私もよく捲られた。
 
女子は対策として短パンを穿いていたが、私は穿かなかった。
 
私は見られることに興奮してた。
 
わざと色っぽいレースの大人な感じのパンティーを買って穿いて行ったりした。
 
男子も私はいつも短パンを穿いてないことを知ってか集中的に捲られた。
 
すごくドキドキした。
 
高3になるとスカート捲りはなくなった。
 
つまらない私はわざとスカートで体育座りをしてパンティーを見えるようにして座ったりしてた。
 
気がついた数名の男子はスカートの中をさりげなく覗き込んでいた。
 
見られてると思うたびにオマンコがジンジンして熱くなってた。
 
何度かノーパンで学校に行ったこともあった。
 
さすがにノーパンの時は体育座りはしなかったけど・・・。
 
この頃には異物をオマンコに入れてオナニーしてた。
 
マジックから始まり、化粧瓶やきゅうりや人参など、コンドームは買うことが出来なかったのでナイロン袋なんかに入れて使っていた。
 
でも異物を挿入しながらクリちゃんを触ったりしてたけどイクことはできなかった。
 
気持ちいいんだけどダメだった。
 
大学に入って一人暮らしになった。
 
毎日のように家では裸で過ごし、暇さえあればオナニーしてた。
 
そのうち、わざとカーテンを開けるようになった。
 
誰かに私の裸を見られてると思うととても興奮した。
 
大学1年で初体験した。
 
バイト先の男の人で妻子持ちの人だった。
 
念願のオチンチンを間近で見て触った。
 
手で触ってるとムクムクと大きくなりカチカチになった。
 
初めて勃起したオチンチンを見て触って感動した。
 
ずっと触っていたかった。
 
彼が、「口でして欲しい」と言うので舐めて口に含んだ。
 
それだけで私は気が飛んでしまうくらい感じた。
 
彼の前では私は純情ぶってた。
 
本当はもっと色んなことをして欲しかったけど言えなかった。
 
普通にフェラしてあげたりクンニされてセックスするだけだった。
 
正常位とバック、騎乗位でした。
 
騎乗位でした時、彼に、「腰の動きがいやらしくて激しいね」って言われて興奮した。
 
彼とのセックスでもイクことは出来なかった。
 
1年くらいで彼とも別れ、バイトも辞めた。
 
セックスを覚えた私はさらに性欲が強くなった。
 
大学2年の終わりにネットで知り合った人とセックスをした。
 
ネットで『イケない』と言うと『イカせる自信がある』という男の人たちが・・・。
 
そんな相手と会ってエッチしたが、やっぱりイクことができなかった。
 
自信があるという若い男から、10歳以上年上の男4、5人としたが無理だった。
 
どの人達もいい人だったが1度きりで終わった。
 
大学3年の時にネットで知り合った12歳年上の北海道の人が居た。
 
イクことが出来ないのでネットで知り合った人と試した話をした。
 
ものすごく怒られた。
 
「自分をもっと大切にしろ!」と言われた。
 
それでも、その後2人くらいとセックスした。
 
やっぱりダメだった。
 
北海道の彼とは毎晩のようにネットで話してた。
 
5ヶ月くらいして北海道の人が仕事で東京に来ることになった。
 
私は逢いたくてお願いしたら、夕食でも一緒に食べようってことになった。
 
彼に会うと想像以上に若くてかっこよかった。
 
夕食の時にお酒を飲ませてもらった。
 
酔ったふりをして彼のホテルに一緒に行くつもりだった。
 
彼は優しく、私が本当に酔ってるものだと思ってホテルに招いてくれた。
 
色々とモーションかけたが彼はソファーで寝てしまった。
 
こんな色んな男と寝る私には興味がないのか嫌われてるのかと悲しくなった。
 
この人が好きになっていた。
 
2日目の夜に彼のホテルに押し掛けた。
 
彼はシャワーを浴びた後のようだった。
 
私は泣きながら自分の気持ちを伝えた。
 
彼は優しく抱き締めキスしてくれた。
 
私はシャワーを浴びると体にバスタオルを巻いて出てきた。
 
ベッドに横になると彼は私を押し倒してバスタオルを取った。
 
部屋は明くる照明が付いたまま全裸にされた。
 
キスやオッパイを吸われたかと思うと、彼はいきなり私の両足首を持って思い切り足を広げた。
 
彼の目の前に私のオマンコが丸見えになった。
 
彼はオマンコに吸い付き舐めたり吸ったりした。
 
すごく恥ずかしく感じた。
 
彼がパンツを脱ぎオチンチンを出した。
 
血管が浮かび上がるほど硬くて元気になってた。
 
私はすかさず握り締め、口に咥えた。
 
このままずっとしゃぶっていたいと思うほど硬くて・・・。
 
先の方から我慢汁が出てきたのが美味しいと思った。
 
もっと我慢汁を出してもらいたかった。
 
彼のが私の中に入ってきた。
 
ゆっくり優しく、時には激しく突かれた。
 
10分・・・15分、私は喘ぎすぎて声もかすれてきたときに、彼が軽く下腹を手で押さえて突き始めた。
 
何とも言えない感覚が襲ってきた。
 
そんな時に耳元で、「すごく濡れてるね・・・ヌルヌルだよ、エッチだね」と囁かれた。
 
恥ずかしさで顔が真っ赤になるのを感じた。
 
それと同時に何かが私に押し寄せてきた。
 
「壊れちゃう・・・嫌!ダメ!壊れちゃう!」
 
私は叫んでしまった。
 
彼に強く抱きつきながら・・・そして痙攣した。
 
身体をガクガクさせて気が飛んだように真っ白になった。
 
彼は動きを止めていたが中には硬いものが入ったままだった。
 
私が少し正気を戻したのを確認するとまた突いてきた。
 
今度は2分もしないうちにまた身体をガクガクさせて気が飛んだ。
 
確か23時頃から朝方の4時頃までセックスしっぱなしだった。
 
私は初めてイクことを覚えた。
 
しかも一晩で十数回もイッてしまった。
 
朝は腰が抜けて動けず、大学をサボってそのまま彼のホテルで過ごした。
 
彼は日中は仕事でいなかった。
 
私は昼間はずっと寝ていた。
 
その日の晩も朝方までセックスした。
 
私はまた十数回もイカされた。
 
その日も前の日も彼はイッていない。
 
「私じゃイケない?」と聞くと、「イッてもいいならすぐにイケるけど、お前をイカせてやりたくて」と答えた。
 
「イカなくて平気なの?」と聞くと、「お前がイッてくれたら満足なんだよ」と答えた。
 
今までの男たちは、イカせる自信があると言いながらも最終的に自分がイクことばかり考えてた気がする。
 
この人は全然違った。
 
イカせてあげたいと思った。
 
「イッて欲しい」と言うと彼は、「そうか?じゃー!」と言ってオチンチンを差し出した。
 
自分の愛液まみれで汚れたオチンチンを私は抵抗なくしゃぶり大きくした。
 
彼は、「本当にイッちゃうぞ」と言って、挿入して3分くらいでお腹の上に射精した。
 
彼はイク気になったらこんなに早くイケるんだと思った。
 
それなのに何時間も私のためにイカないでくれたんだと思った。
 
今までに色んな人とエッチしたことを悔やんだ。
 
次の日が彼との最後の夜だった。
 
彼になら本当の自分のことを話せると思い、昔からの私の性癖を話した。
 
彼は私をノーブラ、ノーパンで外に連れ出した。
 
近くにあるデパートのコンコースにあるベンチに座りオッパイを揉んだ。
 
薄いブラウスしか着ていなかったので乳首が透けて見えて、おまけに勃っているのもすぐわかる。
 
彼は私に少し足を広げるように言った。
 
少し広げると、彼はスカートを足の付け根辺りまでたくしあげた。
 
何人もの人が私たちの前を通り過ぎていく。
 
正面にはホームレスのおじさんがダンボールを敷いてお酒を飲んでいた。
 
見られてたのかは分からないが、それだけで興奮し頭がボーッとしていた。
 
オマンコからは自然と愛液が流れてきてるのを感じた。
 
我慢できず私は彼に抱きつきキスをして、「セックスしたい」と言った。
 
彼は私の手を引いて、なぜか駅に歩き、お台場へと向かった。
 
電車の中ではブラウスから透けて見えてる乳首に気がついた男性がチラチラとこっちを見ていた。
 
彼はお構いなしにオッパイを揉みながらスカートの中に手を入れてきた。
 
そのうちオマンコの中へ指を入れて掻き回した。
 
私はもう周りのことなど気にできず、彼にしがみついた。
 
声が出そうなのを我慢しながら足がガタガタと震わせ感じていた。
 
内ももには愛液が流れていた。
 
彼はビシャビシャになった手を私に見せて、「こんなに濡らしちゃって・・・」と意地悪そうに言った。
 
そしてお台場に着く前に電車の中でイカされた。
 
お台場の観覧車に乗った。
 
観覧車の中で全裸にされ、彼のオチンチンをしゃぶった。
 
自分から彼の膝の上に腰を掛けるように座り、オチンチンを握りオマンコの中に入れた。
 
激しく腰を動かした。
 
観覧車には数台前や後ろに人が乗っていた。
 
たぶん全裸で腰を振ってる姿を見られていたと思ったが、セックスせずにはいられなかった。
 
私のエッチな身体、姿を見てという気持ちもあった。
 
観覧車の中で2回目のエクスタシーを迎えた。
 
彼にも出して欲しかったが無理だった。
 
ホテルに帰る電車の中でも、私は知らない男達に透けてるオッパイをジロジロと見られた。
 
彼はその時はなにもしてこなかった。
 
ずっと見られたい願望を彼のおかげで味わえた。
 
彼が側に居たから出来たことだった。
 
ホテルに帰る途中でコンビニに寄った。
 
コンビニでは彼に買ってきてと頼まれたコンドームを手渡され、おじさんがレジをしているところに行かされた。
 
おじさんはニヤニヤしながらオッパイや顔を何度も見ていた。
 
いやらしい目で逆に感じてしまった。
 
ホテルに着くと我慢できずに彼にセックスをせがんだ。
 
騎乗位で自分から腰を振った。
 
バックでも自分から腰を振った。
 
立ちバックで疲れるとポタポタと愛液が床に滴り落ちた。
 
何度も彼は私をイカせてくれた。
 
たった3日間で、イッたことのなかったはずの私が40回も50回もイッてしまった。
 
翌朝、彼を飛行場まで見送った。
 
別れ際、私から抱きついて熱いキスをした。
 
彼と離れ離れになって数ヶ月、他の男とはセックスしたいとは思わなかった。
 
電話で北海道の彼と話しながらするテレホンセックスでのオナニーだけで十分にイケた。
 
電話では、「オチンチンを私のオマンコに入れて」とかエッチな言葉を色々と言わされた。
 
どうやってオナニーしているかも実況中継した。
 
オマンコのクチュクチュさせる音も電話をオマンコに近づけて聞いてもらったりもした。
 
当時はスマホじゃなかった・・・。
 
そうして半年後に彼がまた仕事で上京してきた。
 
今度は私の一人暮らしのアパートに誘った。
 
毎晩エッチしまくった。
 
彼が仕事から帰ってくるのを裸で待った。
 
帰ってきた彼に裸エプロンで食事を作ってあげた。
 
当然、食事を作ってる間も彼に後ろから突かれながら・・・。
 
食事が終わると私は彼のオチンチンをそんな時も触ったり舐めたり、しゃぶったりした。
 
TVを見てる間もしゃぶってた。
 
とにかくオチンチンが好きで好きでたまらなかった。
 
彼が出す我慢汁さえ好きで、いつまでも吸っていたいとも思った。
 
彼は我慢汁が多い方なのかいっぱい出してくれてた。
 
寝るときも彼のオチンチンを握って寝た。
 
一緒にいる間にノーブラ、ノーパンで夜な夜な出かけ、野外セックスも楽しんだ。
 
アソコの毛を剃ってもらいたくて、剃ってもらってツルツルにしてもらった。
 
大人の玩具も買ってもらった。
 
彼の見てる前でそれを使ってオナニーショーもした。
 
手足を縛ってもらって目隠ししてもらい体中を弄んでもらった。
 
念願の彼の精液を口内発射してもらい飲んだ。
 
彼の精液を飲むのも好きになった。
 
そしてアナルセックスもしてもらった。
 
すべて私がしたかった願望を彼は叶えてくれた。
 
この頃には彼の手マンで潮も吹かされてた。
 
初めてだった、潮を吹くなんて経験は・・・。
 
濡れやすい方だったがピューっと吹くことは今までに無かった。
 
自分でもびっくりするほどの量を吹いていた。
 
潮を吹く瞬間は不思議な快感だった。
 
何かが出ちゃうっていう感じで、「出ちゃう!出ちゃう!」と大きな声で連発していた。
 
最初はおしっこかと思ったが、彼が言う通り無色透明で匂いもしなかった。
 
バスタオルを3枚ほど敷いても下まで浸透してしまうほど吹いていた。
 
彼が帰る2日ほど前に、あえて遠くの飲み屋に行った。
 
そこで知り合った20代前半の男性2人と仲良くなり一緒に飲んだ。
 
店を出ると彼が何か2人に話してた。
 
すると彼は私に、「2人にエッチな姿を見せてあげなさい」と言った。
 
驚いた!
 
二人はニヤニヤしながら私を見てる。
 
驚いたのに私は素直に、「ハイ」と言って、自分からスカートをたくしあげていた。
 
ノーパンだったので毛を剃ったツルツルの割れ目がすぐさま2人の男性の前に露わになった。
 
男たちは、「おー!」と声をあげた。
 
「ここじゃまずいので」
 
彼がそう言って、人気のない路地のような所に入った。
 
私は二人の男性にセックスされるのかもとドキドキしていた。
 
彼は私に、「壁に手をつき、お尻を突き出し、足を広げて」と言った。
 
私はその通りにすると、彼はお尻とオマンコを広げて2人に見せた。
 
「オマンコもお尻の穴も丸見えだよ!もっと近くで見てあげて」と彼が言った。
 
見られてると思うと愛液が勝手に溢れ出してきた。
 
見ていた二人の男性が、「おぉ~彼女!エッチなお汁が出てきてるよ」とニヤケた口調で言う。
 
恥ずかしさがいっぱいだったが、そのせいで興奮もした。
 
彼が指でクリを刺激する。
 
私は感じてお尻を振った。
 
彼が指を入れてきて手マンすると、ビューっと潮を吹いてしまう。
 
見てる二人が、「すげー!潮吹いてる!本当にエッチな彼女で羨ましいわ」と言う。
 
「嫌、言わないで」
 
私はそう言いながらもお尻を振って感じてしまう。
 
そして彼の手でイカされてしまった。
 
知らない2人の男性の前でイッてしまった。
 
二人の男性は私のオマンコに触りかがったけど、彼はダメだと言った。
 
二人の男性もやっぱりと言ってそのまま諦めた。
 
「良いものを見せてもらった」と男性達は私たちにお礼を言って別れた。
 
二人きりになったら我慢できずに彼におねだりして、そのまま立ちバックで突かれた。
 
珍しく彼も興奮したのか、私のお尻に射精した。
 
私は彼の精液をつけたままスカートを戻し、帰路に就いた。
 
電車内では彼の精液の匂いが気づかれないかドキドキしながら、またオマンコを濡らしていた。
 
そんな生活が2年ほど続いた。
 
彼とは年に3回ほどしか会えないでいたが浮気もせず頑張っていた。
 
私は就職した。
 
就職した同期の男と飲み会の後に勢いでエッチしてしまった。
 
言い訳になるが、なかなか彼に会えないで寂しかった。
 
気持ちは彼にあるまま同期と身体を交えてしまった。
 
そんな相手とセックスをしても感じるわけもなくイカなかった。
 
ただ我慢汁や精液の味が恋しくて、同期のを丹念にフェラして射精する時は口に含んで出された精液を飲んだ。
 
その後、ものすごく後悔した。
 
彼を裏切ったのが辛かった。
 
数日後、勘の鋭い彼は北海道からもそのことに勘付いてしまった。
 
ついに彼に白状させられた。
 
彼は怒らなかった。
 
逆に、「寂しい思いをさせたな」と言われた。
 
そして次の言葉が、「別れよう」だった・・・。
 
私は何度も謝り、「別れないで、あなたが必要」と訴えたが後の祭り。
 
その後、何度もメールも電話したが拒否された。
 
それから2年以上、男性には振り向かず仕事に集中した。
 
それでも変態な私の体は変わらなかった。
 
家ではカーテンを開けて全裸で過ごし、毎日と言っていいほどオナニーした。
 
遠くの土地まで行き、駅のトイレで下着を脱いでノーブラ、ノーパンで歩いた。
 
人気のないベンチに座ってパイパンのオマンコを出してオナニーもした。
 
彼と別れて3年経った頃に新しい彼氏ができた。
 
しばらくは本性を隠して付き合った。
 
でも彼とエッチした時に本性が出てしまい、思い切り引かれた・・・。
 
その後はうまくいかず別れた。
 
27歳の時、エッチなサイトで知り合った人たちとのオフ会があった。
 
オフ会後、男性8人と私を含む女性3人でホテルに入り乱交になった。
 
最後の願望だった複数プレイを経験した。
 
自分で言うのはなんだけど、女性の中では容姿は一番だったと思う。
 
さらに潮を吹く私は人気者で、何人もの男達に犯された。
 
何本ものオチンチンをしゃぶって、顔には何度も精液をかけられ、飲まされた。
 
アナルもOKだと知れると何人もの男がアナルに入れてきた。
 
最終的には口に咥えさせられ、オマンコとアナルに同時に入れられた。
 
体中が精液まみれになった。
 
これだけ男に犯されると、私も何度もイカされた。
 
朝にはもう全員勃たなくなったオチンチンをも、さらに勃たせようと私はしゃぶりまくる。
 
何度もイカされたといっても北海道の彼に比べたら、こんなに沢山男がいるのに半分もイカしてもらえない。
 
男達はみんな先にイッてしまう。
 
続けざまに2、3人が挿入してきて、やっと1回イケる程度・・・。
 
それでも今の私にはこのオフ会が何度もイカしてもらえる時だった。
 
今でも北海道の彼のことは忘れられない。
 
そのせいで他の男と結婚など考えられない自分がいる・・・。
 
結婚するなら北海道の彼しか考えられないでいる。
 
もう29歳、彼はとっくに違う人と結婚しているだろう。
 
そして今年も6回目のオフ会が行われる。
 
全参加の私はすでに常連化してて、私目当ての男性が何人も来る。
 
オチンチンと精液が大好きで、見られるのも好きな私のような変態女に男たちは群がり、犯す。
 
男たちは犯してる気になっているかもしれないけど、私が男たちを弄んでるような気もする。
 
現在ではバイブをアナルとオマンコに同時挿入してオナニーをしてる。
 
アナルとオマンコのバイブを交互に出し入れしながら愛液を吹いて、獣のような喘ぎ声でイキまくってる。
 
こんなに性欲が強く変態な私を満足させてくれる男性は今後現れるのだろうか?
 
そう考えながら現在も満足させてくれる男を探し求めてる。