a11122343004060

私は、中学の教師をしている。

今時の中学生は、教師など人とも思っていないようなところがあるが、それは私たち教師や、両親にも責任があるのかもしれないと思うようになった。

 
 
 
教え子の母親と肉体関係を結ぶ同僚や、生徒に手を出し退職した同僚、結婚した同僚を見てきた。

 
私は、教師になって25年経つ。

教え子と結婚する同僚を見ながら、私は未だ独身だ。

 
 
 
時代が時代なので、教え子に告白されたり、自宅まで押しかけられたこともあった。

 
でも、私はそういう誘惑をすべて断ち切り、未だに独身でいる。

 
私は、一人の少女に心を奪われた。

そしてまだ若かった私は暴走して、その少女と関係を持った。

 
 
 
少女は、初めから私に恋心を持っていた。

そして私は、少女のマゾ的な性質に気がつき、それを成長させていくことに腐心した。

 
 
 
その少女は、名前を優香と言った。

名前の通り、優しい顔をした、実際に心も優しい少女だった。

 
 
 
教師になって右も左もわからない時期も終わり、多少余裕が出てきたとき、優香に出会った。

 
優香よりも、いわゆる美少女は何人かいたけど、私の好みに完璧に合致するのは優香だった。

 
2年生など、まだ子供みたいなもの……そう思っていたのに、その淡い胸の膨らみや、ポニーテールにしたときに見えるうなじ、手を挙げたときに覗く腋……すべてが、私を狂わせていった。

 
授業中に、優香のことを見ると、高確率で目が合った。

クリクリした大きな目、それが真っ直ぐに私を見つめていた。

 
 
 
そんなある日、日曜の昼過ぎに、自宅近くのコンビニで優香に出会った。

 
あとから聞かされたことだったが、私に会えるかもしれないということで、休みの日に良く来ていたそうだ。

 
 
 
本棚を見ていたときに、いきなり後ろから、
 
『先生、なに探してるんですか?』
 
と、可愛らしい声で声をかけられた。

私は、エッチ系の本に目が行っていたので、かなり慌てながら振り返った。

 
優香のクリクリした目が、上目づかいに僕を見ていた。

 
 
 
私は慌てて取り繕い、世間話をした。

密かな恋心を悟られないように、無関心なフリをしながら話をした。

 
優香は、学校で会うときとは違い、制服姿ではなく、可愛らしいピンクがベースのTシャツと、制服のスカート以上に短いスカートをはいていた。

 
 
 
『先生、カップラーメンなんかじゃ、身体壊しちゃうよ!』
 
優香はそんな事を言いながら、私のかごから勝手にカップラーメンを取りだし、棚に戻す。

そして、動揺する私の手を引っ張り、店の外に出る。

 
 
 
『私が作ってあげる!』
 
そんな事を言いながら、私の手を引っ張っていく優香。

私の部屋を知っているように、どんどん私の部屋に向かう優香。

もちろん、知っていたということだったみたいだ。

 
 
 
私は、”ダメだって”とか、”帰りなさい”とか言い続けていたが、正直に言って、この展開に胸が躍っていた。

何度も夢想した、馬鹿げた妄想そのものの展開に、強く優香を追い返せない私がいた。

 
 
 
そして、本当に私の部屋まで来てしまった優香。

私は、誰にも見られないように、慌てて部屋に招き入れてしまった。

 
 
 
『へぇ、意外に綺麗にしてるんですねw』
 
目をキョロキョロと動かしながら、楽しそうに言う優香。

緊張でガチガチな私に対して、優香は余裕がある感じだった。

 
 
 
「ほら、もう満足だろ? 冷蔵庫にもなんにもないし、帰りなさい」
 
私は、心臓がバカみたいに脈打っていたが、なんとかそう言った。

 
『大丈夫。

持ってきてるからw』

 
そう言って、優香はカバンからパスタとか、トマトピューレの缶詰とか、食材を取り出した。

 
 
 
「な、なんで?」
 
『え? 偶然です。

たまたま持ってましたw』

 
「そんなわけあるかよw」
 
私は、その優香の言葉で緊張がほぐれて、楽しい気持ちになった。

 
 
 
そこから、優香との楽しい時間が始まった。

と言っても、私も理性があり、男女の仲にはならなかった。

週末に、昼ご飯を作りに来る関係。

それは、背伸びしたい少女の、ちょっとした冒険だったのかもしれない。

 
 
 
実際、学校でも周りに気がつかれないようにアイコンタクトをして、密かにドキドキするときもあった。

 
 
 
でも、ある日の日曜日、優香のこの言葉がきっかけで大きな変化が起きた。

 
『先生って、彼女は作らないの?』
 
優香は、珍しく少し緊張気味に言う。

 
私は、中学高校と剣道に打ち込み、女性とは縁がない青春時代だった。

そして、大学でも何となくイケてるグループに属することが出来ず、彼女が出来ないまま教師になってしまった。

 
 
 
そんな私が、こんな状況に陥り、理性を保ち続けるのは無理だった。

目をクリクリさせながら私の回答を待つ優香を、私は抱きしめていた。

 
『せ、先生、どうしたんですか?』
 
優香は、私の予想に反して、逃げようとした。

これまでの流れから行くと、優香もこうなることを期待していたと思っていた。

 
 
 
私は性欲に支配されて、無言のまま優香の胸を揉み始めた。

それは、想像していたよりもふくよかで、柔らかかった。

 
『ダ、ダメです! 先生、ダメだって! もう! セクハラですよぉ!』
 
優香は、そんな風に冗談めかして言うが、声が震えていた。

恐怖から? でも、もう後戻り出来ない。

 
 
 
私は優香の胸を揉みながら、キスしようと顔を近づける。

優香は、私から顔を背けて逃げようとする。

私は、強引に手で顔をこちらに向けさせて唇を奪った。

 
『んンーっ! ダ、ダメッ! 先生! 怖いよぉっ! ダメぇ……』
 
必死で私のキスから逃れようとする優香。

この時私は初めて、自分の性癖に気がついた。

 
人畜無害で弱気な性格。

そう思っていた私に、こんな加虐的な気持ちがあるのに、私自身が戸惑っていた。

 
 
 
そして、私はキツく口を閉じてガードする優香の、その唇を指で強引にこじ開けて舌を突っ込んだ。

 
一瞬、舌を噛まれるかな? と思ったが、優香は震えるだけだった。

 
私は、たっぷりと優香の口の中と可愛らしい小さな舌の感触を堪能した。

 
 
 
職を失う……そんな危機感を持ちながらも、もう自分を止めることは出来なかった。

 
 
 
私は、強引に優香のTシャツをまくり上げ、可愛らしい少女っぽいブラを上にズラしあげた。

 
真っ白な乳房に、ピンク色の小さな乳首。

それが丸見えになった。

もう私は、優香とセックスすることしか考えられなくなっていた。

 
慌てて胸を隠そうとする優香。

その顔は完全に真顔になっていて、少し涙目みたいな感じだ。

 

 
 
でも、その表情や涙が私をさらに突き動かしていった。

 
その極端に短いスカートの中に手を突っ込み、いきなりショーツを引き下ろした。

必死で抵抗する優香。

 
『ダメっ! 止めて下さい! 先生、怖い、怖いよぉ……やめてぇ……ダメ……』
 
優香は、本当に怖くて仕方ないのか、声も小さくなってきた。

そして、涙目ではなく、ガチ泣きになり、ポロポロ涙をこぼし続ける。

 
 
 
私は、その涙でより興奮が増し、抵抗が弱くなったことも相まって、一気にショーツを引き下ろした。

 
 
 
そして、かすかに生えたへアが見えて、私の興奮と加虐心はMAXになった。

 
優香を強引に床に押さえつけながら、片手でズボンのファスナーを降ろし、無理無理ペニスを取り出した。

私の、大きさも太さも長さも、極々標準のペニスは、今までの人生で一番と言っていいくらいの固さになっていた。

 
私は、そのカチカチになったペニスを優香のアソコに押しつける。

 
『やめて……先生、やめて下さい……許してぇ……』
 
泣きながら優香が許しを請う。

でも、私は無理矢理ペニスを押し込んでいった。

 
優香は、もうほとんど抵抗をしなかった。

あきらめたのか、ただ泣きながら私を見つめていた。

 
その姿を見て、普通の男は気がそがれてやめるのかもしれないが、私には逆効果だった。

 
 
 
ペニスの先が、軟らかい肉に当たったと思うと、そのまま亀頭まで熱い肉に包まれた。

 
『ヒィッあっ! 痛いぃっ! 先生、痛いよぉ……やめてぇ……やめて……』
 
最近では、心が通い合っていると思っていた優香……毎週のように昼食を作りに来てくれる優香……私は、確実に優香に恋心を持っていた。

 
 
 
それなのに、こんな形で思いを遂げようとしている私。

 
 
 
一瞬、思いとどまりそうになったが、優香の涙を見て、私はそのままペニスを押し込んだ。

 
 
 
熱くてキツキツの肉をかき分け、私のペニスが突き進んでいく。

 
『ヤァ……痛い……痛いよぉ……抜いて、抜いて下さいっ! あぁ、先生……ひどいよぉ……』
 
泣きながら言い続ける優香。

私のペニスは、すでに全部入ってしまっていた。

 
 
 
私は、高ぶりすぎてもうイキそうだった。 
 
まくれ上がった可愛らしいTシャツ……そこからのぞく色気もなにもないブラ、そしてズレたブラからのぞく美しい胸と乳首。

 
ミニスカートはなにも役目を果たしていない状態で、結合部が丸見えだ。

小さなアソコから、私のペニスが出入りする。

 
もう、すべてが信じられないくらいに背徳的で淫靡だった。

 
 
 
私は、泣きながら私を見つめる優香にキスをした。

まったく無抵抗に私に口の中まで犯され、泣き続ける優香。

 
 
 
私は、そのまま何も言わずに優香の中に射精した。

信じられないくらいの快感が、私の脳髄まで貫いていく感じだった。

 
 
 
そして、イったことにより、やっと我に返った私は、ペニスを引き抜いた。

 
泣き続ける優香のアソコから、血と一緒に流れ出る真っ白な精液。

私は、終わったと思った。

職を失うどころか、警察のご厄介になるのを覚悟した。

 
 
 
優香は、何も言わずに私を見つめる。

さっきまでは、しゃくり上げるほど泣いていたのに、驚くほどの無表情で私を見る優香。

 
私は、その表情に突き動かされるように、優香の血や体液で汚れたペニスを、優香の口元に持っていった。

 
「ほら、綺麗にしなさい」
 
私は、もう開き直ってそう言った。

 
 
 
すると、優香は、
 
『は、はい……先生……』
 
と言って、大きく口を開けてペニスをくわえ始めた。

怖々と、ゆっくりペニスを口に入れていく優香。

上目づかいに、私を見つめたままだ。

その目は、恐怖や怒りなどではなく、被虐的な何ともいえない目をしていた。

 
「早くしろ」
 
私は、内心怯えながらも、冷たく命じた。

すると、

 
『ゴメンなさい……』
 
と、小さな声で言い、すぐに口にペニスを含んだ。

ただくわえただけなので、なにも気持ち良くなかったが、美少女が私のペニスを口に含んでいるというだけで、あっという間に勃起が回復してしまった。

 
 
 
「ほら、舌でちゃんと綺麗にしなさい」
 
私が声が震えるのを必死で抑えながら命令すると、素直にペロペロと舌で舐め始める優香。

 
 
 
テクもなにもないので、上手ではないはずだが、あまりにも気持ち良かった。

 
私は、そのまま優香に舐め続けさせた。

そのまま、5分、10分と優香は文句一つ言わずに舐め続ける。

 
私はもの凄く気持ち良かったが、イカせるような刺激ではないので、射精には至らない。

 
 
 
私は、何も言わずに優香が根を上げるまで舐めさせようと思った。

どうせこれが最後だから……そう思っていた。

 
 
そのまま舐め続ける優香。

30分を過ぎると、私の微妙なリアクションから気持ち良いポイントがわかり始めたのか、確実に上手くなっていた。

 
 
 
優香は文句一つ言わず、それどころか、目をトロンとさせながら口での奉仕を続ける。

 
こんなにもいたいけな教え子に、こんな事をさせてしまった私……でも、不思議と後悔はなかった。

 
 
 
そして、1時間が過ぎようとするとき、私は射精感を逃がせなくなっていた。

 
「出すぞ」
 
私は、短くうめくように言うと、優香の口の中にぶちまけた。

さっきの、優香の処女を奪ったときの射精も、もの凄い快感だったが、1時間もフェラをされたあとの射精は、うめき声を我慢することもできないほどの快感だった。

 
 
 
『んんっーっ!』
 
うめきながらも、逃げることなく口内射精を受けきった優香。

私はペニスを抜くと、

 
「よし、飲み込め」
 
と、命令した。

優香は、すぐに飲み込み、むせた。

 
 
 
私は、むせる小さな体を見て、今さら後悔した。

酷いことをしてしまった……そう思い、謝ろうとした。

 
 
 
そこで、優香と目が合った。

優香の目は、謝罪ではなく、命令を求めている……私はそう直感した。

 
もしかしたら、完全に勘違いだったのかもしれない。

でも私は、バックのギアをはずそうと思った。

もう、前進するしかない……そう思い、

 
「よし、裸になって、また私のを大きくしろ」
 
と、冷たい声で命令した。

 
『はい……先生……わかりました』
 
優香は、切れ切れにそう言う。

その声が、微妙に震えるというか、うわずって聞こえた。

 
 
 
優香は立ち上がると、中途半端にめくれ上がっている衣服を脱いでいく。

本当に、なんと言っていいのかわからないが、神々しいまでの美しさだった。

 
大人でもない、でも、子供でもない……そんな、女性のある短い時期だけの身体……。

 
 
 
そして、優香の内ももには、私の精液が流れ出している。

少し血が混じった白いモノが、膝裏まで垂れ流れている。

 
私は、それを見ただけで、もう勃起が回復していた。

 
 
 
でも優香は、私のペニスをまたくわえた。

すでに大きくなったペニスを、さらに大きくしようと頑張る優香。

 
もう、泣いてもいないし、怯えてもいない。

キラキラとした好奇心に満ちた目で、私のペニスを口でし続ける。

 
 
 
「よし……いいぞ、上になれ」
 
私は、なるべく冷たく命令した。

すると、

 
『はい……先生……わかりました』
 
と、上気した顔で言った。

私は、もしかしてなんとかなるのでは? と思い始めていた。

優香を、このまま調教出来るかも知れない……逮捕されないかも知れない……そんな事を思い始めていた。

 
 
 
 
 
優香は、私のペニスに向かって、腰を降ろしていく。

そして、私のペニスに、優香のアソコが触れる。

でも、微妙に場所が違う。

それでも必死で押しつける優香。

何とかして挿入しよう……そんな努力が見て取れる。

でも、滑って上手く入らない。

 
 
 
『ゴ、ゴメンなさい……ちゃんと、入れます……ゴメンなさい……』
 
謝りながら、必死でペニスを挿入しようとする優香。

 
 
 
「ほら、手で持って入れろ」
 
私が命令すると、すぐに私のペニスを小さな手で握り、アソコに押し当てた。

 
今度は、一気に亀頭が熱い肉に包まれた。

 
『ンンッ! あ、アッ! い、痛い……痛いよぉ……』
 
まだ亀頭が入っただけなのに、また泣き始める優香。

 
「ほら、奥まで入れろ!」
 
少し強めに命令すると、
 
『は、はい、先生……』
 
と、泣きながら返事をして、腰を降ろし始める。

小さな膣には、私のモノでも大きすぎるのかもしれない。

 
『うぅ……あ、あぁ……先生……あぁ……痛い、です……』
 
優香はそんな事を言いながらも、結局奥まで自分で入れた。

 
 
 
「よし、腰を上下に動かしてみろ」
 
私が命令すると、すぐに腰を上下に動かす優香。

さっきよりも、強烈に膣が締まる。

その引きちぎられそうな締まりに、私はもうイキそうだった。

 
『ん、んっ! ン、ツゥあぁっ! 先生……あ、あぁ、痛いよぉ……あぁ……』
 
優香は、痛がりながらも、必死で腰を振る。

あくまで忠実に、私の命令に従い続ける優香。

 
 
 
そして、それから5分もしないうちに、また射精感がこみ上げてきた。

 
「あぁ、イクぞ……」
 
『ダメぇ……先生、中に出しちゃダメぇ……』
 
今さらだと思うが、泣きそうな顔で言う優香。

 
 
 
「ほら、中に下さいって言え!」
 
私は、ほとんど怒鳴るように言った。

 
『うぅあぁ……先生! 下さいっ! 優香の中に出して下さいぃっ! あぁっ!』
 
優香は、私に言われるままに叫んだ。

その声は、完全にうわずっていた。

 
 
 
優香の騎乗位で、思いきり射精してしまった。

そして、そのまま私の胸に倒れ込んできて、泣き出す優香。

私は、そのまま優香の頭を優しく撫でる。

 
 
 
『好きなのに……こんな事しなくても……先生……好き……』
 
しゃくり上げながら言う優香。

私は、正直ホッとした。

やっぱり、私の思い過ごしではなかった……そして、逮捕も回避出来た……免職も免れた……そんな思いでいっぱいだった。

 
 
 
 
 
そしてこの日から、私と優香のいびつな日々が始まった。

私は、優香のことを愛していた。

でも、そんな気持ちは一切見せずに、優香を調教していった。

 
多分、普通の恋愛をしていたら、そのうち他の誰かに奪われてしまう……そんな、コンプレックスにまみれた思いから、誰にも奪われないように、調教してしまおぅ……私色に染めてやろう……そう思ったのだと思う。

 
 
 
優香とは、時間があればセックスをした。

週末はほぼすべて。

そのうち、学校でも関係を結ぶようになった。

 
 
 
放課後の準備室や、用具室で……。

 
 
 
跳び箱などがおいてある用具室で、跳び箱に手をつき、体操服にブルマを膝まで下げた優香。

今時は、ブルマがなくなってしまい、密かに残念に思っているが、この時はまだ現役だった。

 
 
優香は、ブルマの下にはなにもはいていない。

そして、体操服の下はノーブラだ。